フェザーシェービングのご提案〜お客様に癒しのひとときを〜


1枚刃と3枚刃の使い分けで、簡単にできる肌あたりのよいシェービングは、お客様にリラクゼーションを提供します。
これが「フェザーシェービング」です。

1枚刃レザー アーティストクラブDX・RG、3枚刃レザー プロフェッショナルMR3についてはこちら
印刷用PDFはこちらから マニュアルその1 マニュアルその2
 

shaving processイメージ01 shaving processイメージ02 shaving processイメージ03 shaving processイメージ04
シェービングの下準備として、あらかじめスチーミングした後に、軟化剤をヒゲの濃い部分に塗布します。

プレシェーブ剤「軟化」プレシェーブ剤には「軟化」がおすすめ!肌にうるおいを与える植物性セラミド配合
無着色・無香料

軟化剤はやさしくマッサージするように塗布すると効果的です。 ハーフスチームをします。 軟化剤を塗布(またはラザーリング)し、額から1枚刃で剃り始めます。添え手は必要以上に引っ張りすぎないよう注意しましょう。

アーティストレザー&ブレイド紹介

shaving processイメージ05 shaving processイメージ06 shaving processイメージ07 shaving processイメージ08
細かい部分まで丁寧に剃っていきます。
【ポイント】
細かい所は1枚刃レザーで、広い所はエフシステムレザーで行うと効率アップ!

アーティストクラブエフシステムレザー画像

まゆのラインは、お客様のリクエストに応えて剃っていきます(勝手に剃ってしまわない)。 エフシステムレザーを使用して、ファーストシェーブ。毛流れに沿って、モミアゲからアゴに向かって運行します。
※ラザーリングを行う際は頬からアゴへ柔らかく。ラザーリング
替刃を180度回転させ、バックハンドで反対側の頬も同様に行います(添え手は柔らかく)。
shaving processイメージ09 shaving processイメージ10 shaving processイメージ11 shaving processイメージ12
アゴはヒゲが特に濃い部分です。
【ポイント】
エフシステムレザーの刃面を軽く押し当てるイメージで運行します。
鼻下・口周りは皮膚が敏感なので運行に注意。

ライトマーク替刃を45度にすることでより簡単に運行できます。
ファーストシェーブ終了。
やさしく包み込むようにスチーミングします。
軟化剤を塗布(またはラザーリング)し、セカンドシェーブに移ります。
首は皮膚が柔らかく、かつヒゲが濃い部分。添え手が重要です。

ライトマーク好みに応じ、替刃をT型にして運行することができます。替刃をTにして運行
shaving processイメージ13 shaving processイメージ14 shaving processイメージ15 shaving processイメージ16
アゴの部分は肌に密着させるように、やさしく剃りあげます。 深剃りするイメージではなく、あくまでもやさしく丁寧に行います。 頬をやさしくマッサージするようなイメージでエフシステムレザーを運行します。 細かい所は1枚刃レザーで剃っていきます。

shaving processイメージ16
shaving processイメージ17 shaving processイメージ18 shaving processイメージ19 WIDTH= shaving processイメージ20
丁寧にゆっくり運行します。 産毛を処理します。 耳はマッサージするような感覚で1枚刃レザーを軽快に運行します。

耳たぶを剃る

フルスチームで拭きあげてシェーブ終了です。

プレシェーブ剤「緩和」アフターシェーブ剤にはお肌しっとり「緩和」がおすすめ!ネイティブエッセンス配合(コエンザイムQ10配合)
弱酸性・無着色・無香料


印刷用PDFはこちらから マニュアルその1 マニュアルその2
 



協力/THE BARBER

  フェザープロフェッショナルシリーズ使い分け詳細ページへ    フェザープロフェッショナルシリーズページへ